キービジュアル
キービジュアル
キービジュアル
ONE COIN ACT for the FOREST
森からはじまるハピネスサイクル
アイコン

活動について

ABOUT
アイコン

What is ONE COIN ACT?

もっと豊かな世の中になったらな、なんて望むときもあるけれど。自分に何ができるだろう、なんて思いとどまったりもする。「ONE COIN ACT」はワンコインという小さなアクションが集まって、そんな“望んだ世の中”を大きくカタチにしていくプロジェクトです。舞台は日本の約7割を占める森。みんなの100円が集まって、木々が植えられ、やがて森となる。おいしい果実が実って、子どもたちが駆けまわる。そんなワンコインからはじまる「ハピネスサイクル」を、一緒に広げていきませんか?

ハピネスサイクル
アイコン

Why ONE COIN

大きな物語は、小さな一歩からはじまる

Why ONE COINイメージ

ワンコインという小さなアクションから大きな物語を生み出していこうという発想の原点は、1990年に発足した「フェリシモの森基金」でした。日本中にいるみんなの想いを集めれば、小さな基金でも地球の未来を好転させる変化をつくれる。それは毎月100円の基金で、国内外で2500万本以上もの植林をおこなってきた実績が実証しています。

アイコン

Why “FOREST”?

豊かな世の中は、豊かな森からはじまる

Why FORESTイメージ

フェリシモは環境活動の一環として、1999年にインドで植樹プロジェクトをおこないました。すると、荒野に森が再生するだけでなく、そこから新たな仕事が生まれ、コミュニティが立ち上がり、小さな経済へと成長していったのです。先進国の中で日本の森林率は第3位。私たちは先人からの贈り物の中で暮らしています。この資源を未来へ活かせないだろうか。インドで生まれた森からはじまる幸せの循環を、日本でもつくっていきたいと考えています。

アイコン

参加する

Join The CYCLE

森からはじまるハピネスサイクルに、あなたも参加しませんか?

岩手県一関市 千年藝術の森

500年以上もの間、一関市藤沢町の暮らしと文化を支えてきた曹洞宗藤源寺。檀家さんたちから譲り受けてきた広大な森は約94ヘクタールにもなります。杉、桧、松といった針葉樹林を、林業のためだけでない人が関われる森を目指し2018年にプロジェクトが始まりました。

インドの森プロジェクト

国を超えて、世代をこえて紡ぐインドの森 フェリシモの森基金による、インドでの植林活動がスタートしたのはおおよそ20年前の1999年。みなさまからお預かりした基金とその他の基金あわせて、タゴール協会を通しインド農村部を中心にこれまで2,321万本、およそ10,904ヘクタールの植林を行ってきました。

インドの森プロジェクト

100円×19年でできたこと

岩手県一関市 千年藝術の森

2018年6月森と里を紡ぐ千年藝術の森づくりがスタート

アイコン

パートナーになる

For The Next CYCLE

自分の森を活かしたいパートナーを募集しています

もっと森を地域のために活かしたい。そんなことを思い描いていたり、すでに動き出している方々が全国にはたくさんいるはず。私たちは森から新しいハピネスサイクルを生み出すパートナーと出会いたいと思っています。

アイコン

寄付をする

FELISSIMO FOREST FUND

ワンコインからはじめよう

「フェリシモ森基金」は月に一口100円から参加いただけます。集まった基金はすべてONE COIN ACTの取り組みを全国の森に広げていくために活用していきます。

アイコン

私たちについて

FELISSIMO FOREST CLUB

一緒に森を育もう

「フェリシモの森活部」ではフェリシモの森基金にご参加いただいたみなさまと一緒に、各地で森を守り、樹を育む活動をおこなっています。